wpmaster のすべての投稿

最新ユニクロU、買ってはいけない…まるでガンダムのようなフリース…

週刊SPA!によると。

 さて、「今回は買ってはいけないユニクロUのワーストバイ」。ユニクロUについては動画でも解説しているのでぜひ見てみてください。

 今回のユニクロU、かなりクオリティが高く、正直ハズレらしいハズレはありません。この記事で紹介するアイテムも「あえて言うなら」というくらいのもの。ここ数年でユニクロのクオリティは鬼のように高くなっており、同じアパレルとして悔しい限りです……。

 ただし、それでも「これは着こなしが上手にできないとダサくなる」「これは合わせが難しい」など少し気になるものがありましたので、5つご紹介させていただきます!
▼間違えると競艇場のおっさんになる
・ウォームパデットコート 1万2900円(+税)

 確かにボリュームダウンは昨今、ハイブランドなどを中心にトレンドが広がっています……が、ユニクロがまだ手がけるのは早い気がしてなりません。何しろこの手のボリュームダウンは着こなしが重要。何も考えずにデニムとスニーカーとスウェットパーカで合わせてしまったら「競輪場のおじさん」になっちゃうからです。

 ダッドスニーカーといい、ボリュームダウンといい、「あえて野暮ったいものを着る」トレンドが昨今いくつかありますが、着こなしのリテラシーがとても重要。まだまだそういったものは浸透していないのに、ユニクロがいち早く出しちゃうと「おしゃれ難民」が生まれそうな気がしてならない……。

 トレンド的にはとてもいいし、機能性はじめクオリティも高いけど、「このダウンを上手に着こなせる人が果たしてどのくらいいるのか?」という観点でマイナスポイント。少なくともパッと着て、サマになるものではありません。

・パデットショートパーカ 9990円(+税)

 むしろこの手のボリュームダウンならレディースのものがおすすめ。レディースのダウンはボリュームがあるけれど、着丈が短くコンパクトなのでデザインのわりにあまり野暮ったい印象にならない。こういうメリハリがメンズにもほしかった。

▼もう少し厚手ならよかったのに…
・チェッククルーネックセーター(長袖) 3990円(+税)

 全然悪くないんだけど、通販の写真で見るとなんだか厚手に感じる分、実物だとちょっと薄さが目立ってしまう。毛羽立ちもあり、ペラっと比較的薄手の素材感なので若干の安っぽさが……。

 ニットチェック柄というところがポイントです。無地で薄手ならまだしもカジュアルなチェック柄だからこそ余計に安っぽい印象が際立ってしまいます。

 今年はチェック柄が大変に多く、トレンドにも則していることは理解していますが、チェック柄を使うならもう少し高見えするように素材感にこだわりを見せてほしかった。毛羽を感じられるような薄手の素材だと、どうにも気になってしまいます。

 ただシャツやカットソーなどインナーを入れて膨らみをつけると、それなりに見えるイメージ。これを選ぶなら重ね着が必須です。
▼溢れ出る「パジャマ感」を隠しきれない
・ワイドフィットフランネルチェックシャツ(長袖) 2990円(+税)

 ほかの色はともかくネイビーカラーは完全にパジャマ。もちろんパジャマっぽくならないように着こなすこともできるけれど……ちょっとハードルが高いかも。

 ネイビーカラーでフランネルでオープンカラーといったメンズのパジャマ要素をふんだんに盛り込みすぎて、白のワイドパンツを組み合わせると完全に入院患者。インナーにタートルネックを入れるとか、アウターの中で使うとか着こなし方次第でパジャマ感は払拭できますが……一枚で合わせるのはなかなか難しい。

 ただしこのシャツ、すでに結構な頻度で私は着ていますが、ピリング(毛玉)ができにくいのが結構すごい。通常フランネルのシャツってリュックを使ったりすると簡単にピリングが発生して安っぽい着古した印象が出てしまうものですが……こちらはちっとやそっとじゃ毛玉が出ない。このあたりの機能性はさすがユニクロです。
▼固すぎてガンダムになる
・防風フリースジャケット(長袖) 7990円(+税)

 デザインもいいし、色合いもいいし、この値段で防寒性が優秀なのも嬉しい限り。ただし防風素材にありがちなのですが……素材が固すぎるんですよね。

 素材が固すぎて肩はイカリ肩に見えてしまうし、襟もやたらと大きく見えてしまう。身幅や袖も馴染みが悪く、直線的でまるで四角形のようなシルエットに。私は着た際に一瞬「ガンダムか……」と思ってしまった。もちろんモノとしては悪くないし、しばらく着用すると馴染んでくるので気にしすぎかもしれませんが……それでも今回のラインナップの中では少しだけ見劣りする。

・フリースシャツジャケット(長袖) 4990円(+税)

 同じテイストのブルゾンなら、「フリースシャツジャケット(長袖)」のほうがおすすめです。

▼ルメールデザインとは思えないユニクロ感
・ブロックテックファニーバック 1990円(+税)

 まあ使いやすくて悪くない。ブロックテック素材で水もしっかりと弾いてくれるし、コンパクトなサイズ感も手頃でいい。しかしながら……なんなんだろうこの溢れ出るユニクロ感。

 特にグリーンカラーやブラウンカラーなどは「これユニクロです!」と言わんばかりの独特の発色。簡素な作りも相まって、どうにも高級感は得られない。止水ZIPを使ったり、工夫しているのは理解できるけど……。

 この手のミニバッグは今やどこでも安いものが出ているので、無理にユニクロで買うこともないなというのが正直なところ。ルメールデザインならばもうすこしひねりのある斬新なものがほしかった……。

 以上、ユニクロU、今回の買ってはいけないワーストバイでした! ぜひご参考に!

“10年着続けるユニクロのTシャツも” …ユニクロとの最新コレクション

GQ JAPANによると。

「UNIQLO and JW ANDERSON」の第4弾の販売がスタートした。 “英国のアウトドア”をテーマに新たなウェアを生み出したデザイナーのジョナサン・アンダーソンに迫る。

【UNIQLO and JW ANDERSONをもっと見る】
ユニクロとイギリス人のデザイナー、ジョナサン・アンダーソンによるコラボ・コレクション「UNIQLO and JW ANDERSON」の第4弾が10月18日(金)に発売された。最新コレクションのコンセプトからユニクロとの出会いのエピソードまで、アンダーソンに訊いた。

──今シーズンのコンセプトを教えてください。

今シーズンのテーマは「The Great British Outdoors(イギリスの偉大なるアウトドア)」です。人間はそこがどんな場所であろうとも、自然と繋がっていたい存在です。ということで、それを着ると、外に出たくなる服を作りました。パソコンとスマートフォンばかりを見ているよりも、アウトドアでいろいろなことを体験してほしいですね。とくにいまの時代は、デジタルを通じてではなく、自分の目で、確かめてほしいですね。

「イギリスの偉大なるアウトドア」がテーマなので、20世紀を代表するイギリスのアーティストであるバーバラ・ヘップワースやヘンリー・ムーアの作品、そしてイギリスのカントリーサイドなどが着想源になっています。

──子供のころにアウトドア経験をしましたか?

学校の行事で2、3週間に1回はハイキングかキャンピングを経験しました。サバイバル技術というほどではありませんが、キャンプ場で火起こしの方法などを学びました。それに、北アイルランド出身なので、モーン山地にはよく行きました。スリーブ・ドナードというのが北アイルランドでいちばん高い山で、海抜は852メートルなんですが、そこにはよく登りにいきました。

──インスピレーション源のひとつという、英国コーンウォールの漁師町というかビーチ・リゾートであるセント アイヴスはどういう場所ですか?

セント アイヴスは20世紀を代表する英国のアーティストたちがかつて定住して作品づくりをしていたことでも有名なところです。バーバラ・ヘップワースもアトリエを構えていましたが、そこはいま、彼女の作品を展示する美術館になりました。太陽がいっぱいの、すばらしいシーサイドです。絶対に訪れてほしいところですね。

──今回のコレクションのなかのいち押しアイテムを3つ教えてください。

ぼくがおすすめしたいのはフリースのフルジップ・ジャケットとノルディック柄のセーター、そしてコーデュロイのパンツの3点です。

──今回のコラボ・コレクションはユニクロがかかげる「LifeWear」を構成するコレクションのひとつですが、「LifeWear」とはなんですか?

LifeWearというのはすごく大事な考え方だと思います。柳井さん(株式会社ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長の柳井正氏)がつくった概念で、ファッションをみんなのものにすることです。普遍的な思想だと思いますね。特定の誰かのためのファッションではなく、人を選ばないファッションです。

──「UNIQLO and JW ANDERSON」は今回で4回目の発表ですが、コラボレーションはどう進化してきましたか?

だんだんよくなっていると僕は思っています。このコラボレーションに独自のボギャブラリー(語彙)ができてきているように思いますね。コレクションを重ねるたびに、より面白いことがどんどん出来るようになってきました。

──ユニクロとのコラボ・プロジェクトだけでなく、自身のブランド「JW ANDERSON」の服づくりもしていますし、スペインのメゾンブランド「ロエベ」のクリエイティヴもおこなっています。大変じゃありませんか?

それぞれにチャレンジがありますね。思うんですが、ファッションというのは、だれか特定の人間のためのものではない、と。いろんなファッションが、ファッションの全体像をつくっているわけです。ですから、それぞれの仕事を楽しんでやっています。

3つのブランドのコレクションはそれぞれにまったく違いますし、まったく異なる視点をもっています。ファッションの全体像のなかで、こういう違いがあることは大事なことだと思います。いまの時代の若い人は、ユニクロも、JW ANDERSONも、ロエベも買えて、この3つを自由にミックスして着たい、と思っているのではないでしょうか。僕にとっては、3つのブランドの服に違いはありません。同じ価値観を持っているからです。

──お父さんは元プロ・ラグビー選手ですが、今回のコレクションにもラガーシャツがありましたね。

そう。18歳までラグビーをやってました。いまはしていませんが。父はラグビーのアイルランド代表のキャプテンだったので、チームのコーチも務めました。日常にスポーツがある環境だったんです。

──あなたが愛用しているユニクロのアイテムはなんですか?

Tシャツが大好きです。たくさんもっています。着るうちに自分に馴染んできて、どんどんいい感じになります。そこがユニクロのTシャツの魅力ですね。10年着続けているTシャツもありますよ(笑)。はじめてユニクロを知ったときに買ったTシャツは、いまももっています。

──はじめて、というのはいつですか?

ロンドンに引っ越したときですね。はじめて行ったユニクロの店は、ロンドンのオックスフォード・ストリートにある店です。2007年だったかな。それからもずっとユニクロを着ています。柳井さんからコレクションのデザインをオファーされたときは、「Of Course!(もちろん)」といいました。

世界中いろいろなところに旅をしますが、どこに行っても自分が作ったプロダクト(UNIQLO and JW ANDERSON)を見かけるのは、素晴らしいことです。コラボレーションというのは、おたがいが力を合わせて、譲りあうからこそ、実現できるものです。ぼくたちは相手が期待していることをよく理解しあっていると思います。

10月に「買った方がいいもの」vs「まだ買わなくていいもの」とは!?

All Aboutによると。

そろそろニットやアウターなど秋冬アイテムを購入するシーズンですよね。プチプラの秋冬アイテムで、10月中に買うとコスパのいいものについてお伝えします
◆アウターから買うべき? 賢いプチプラ服の買い方は
季節が変わって、ニットやアウターなど秋冬アイテムが気になるシーズンになりましたね。ここではプチプラの秋冬アイテムで、早めに押さえておくといいもの、焦らなくてもいいものについてお伝えします! チェックしてみてくださいね。

◆10月にすぐ買っておきたいのは着まわせるアウター
プチプラの秋冬アイテムで、一番チェックしたいのはアウターです。アウターは基本的に一番値が張るアイテムですので、いいものがお安く買えたらやっぱりおトク。

ですから、値下げされるのを待ちたい気持ちもわかるのですが、おしゃれでクオリティの高いプチプラアウターはSNSでもかなりのスピードで拡散されるため、毎年あっという間に売り切れてしまいます。

チェスターコートやダッフルコートなどのコート類も9月、10月に発売されるものが多く、人気のものはすぐサイズ欠けしてしまうことも。あとから再入荷する場合もありますが、在庫が一番豊富なのはやはり立ち上がりのシーズンなので、サイズ違いや色違いで比較をする余裕があるのもこの時期です。

また、限定コラボアイテムのアウターは特に生産数が限られていて、売り切れたら終わりのものがほとんどなので早めのチェックがおすすめ。

そして、ベストとしても寒くなったらコートの中にも着られる薄手のインナーダウンや、雨の日や春先にも着られるマウンテンパーカなども長い期間使えるので、10月中に買っておくとコスパのいいアウターです。

◆ニットは焦らなくてもよし
ニットは夏を過ぎて秋になったころはやはり新鮮に見えますし、ふわふわした素材も可愛く、さらにプチプラとなると「安いし買っちゃおうかな」となりがち。ですが、プチプラのニットは焦って買わなくてもOKです。

ただし、他のブランドでは手に入らないような特徴的なデザインで、競争率が高く、「絶対にこれが欲しい!」と思えるニットがあるのなら早めに購入したほうが◎。

また、毎年定番の人気ニットや、すでにそのニットをよく知っていて「今年はユニクロのカシミアニットを買う」「手持ちのニットと同じものを買い替えする」という場合は確実に着るため、早めに購入すると、多く着られてモトも取れます。

でも、特別欲しいニットがあるわけではないのなら、10月に買うのはちょっと早いかもしれません。

なぜならニットは気候の影響を受けやすいので、暖冬だと着はじめるタイミングが遅くなるから。そして、セールで値下げされやすいこともあり、やっとニットを着だす時期にはもうセール間近だったり、同じものが値引きされていることもあり得ます。

また、ニットはデニムなどと違って、一年を通しても着る期間が限られているアイテム。新しいニットを追加買いしなくても、手持ちアイテムで代用できることもあります。

ベーシックなニットなら毎年出ていて在庫も多いため、売り切れる心配も少ないですし、似たニットも多く出ているので、10月に購入しなくても間に合うことが多いです。着られるシーズンになってから購入してもいいかもしれません。

多摩川、荒川、相模川中流、入間川流域、菊川で氾濫危険水位に

毎日新聞によると。

 台風19号の接近に伴う大雨となった12日、関東や東海地方では複数の河川で急激に水位が上昇し、氾濫の危険が高まった。

 気象庁などは夕方までに、東京都や神奈川、埼玉、静岡県を流れる多摩川▽荒川▽相模川中流▽入間川流域▽菊川――などで氾濫危険水位に達したとして、最悪のレベル5に次ぐレベル4にあたる「氾濫危険情報」を発出した。

 多摩川では同日3時40分ごろ、東京都調布市の観測所で氾濫危険水位に達した。東京都によると、奥多摩町の小河内ダムは大雨で水位が上がったため、同日午後6時から下流の多摩川に流す水量を増加。担当者は「水位が上昇する恐れがあるので、多摩川には近づかないでほしい」と呼びかけた。気象庁が今回と規模や状況が似ていることから警戒例として取り上げた61年前の「狩野川台風」で、死者・行方不明者1269人が出た伊豆半島の狩野川は、午後3時ごろの水位が7メートルを超え、警戒レベル3にあたる「氾濫警戒情報」が出された。東京都の下町エリアの荒川では流域での浸水の恐れが高まり、江戸川区は約43万人に避難勧告を発令した。

 この他、利根川上流部などでは警戒レベル2にあたる「氾濫注意情報」が出され、気象庁などは、ハザードマップなどで災害が想定される区域や避難先、避難経路を確認するよう呼びかけた

経験のない大雨 1日雨量 箱根で全国歴代1位

tenki.jp によると。

台風19号により、関東地方や静岡県ではこれまでに経験したことがないような大雨になっています。神奈川県箱根町では、12日に降った雨の量が、午後7時までの合計で870mmに達し、1日の雨量としては全国の観測史上最も多くなりました。
降りやまない雨 箱根ではたった一日で10月平年の2倍以上
台風19号により、関東地方や静岡県ではこれまでに経験したことがないような大雨になっています。神奈川県箱根町では、12日に降った雨の量が、午後7時までの合計で870mmに達し、1日の雨量としては全国の観測史上の最も多くなりました。箱根の10月の降水量の平年値が330mmあまりのため、たった一日ですでにこの2倍以上の雨が降ったことになります。このあとも同じような場所で雨が降り続くため、1日雨量はさらに増える見通しです。きょうまでの1位の記録は、高知県馬路村の魚梁瀬の851.5mmでした。これは2011年の台風6号による大雨でした。

黒帽子のお化けソフトが登場、イケアでハロウィンフェア開催

Lmaga.jpによると。

スウェーデン発の家具販売店「イケア」で、10月3日から『ハロウィンフェア』がスタート。店内のレストランで、お化けスイーツなどのハロウィンメニューが期間限定で楽しめる。

登場するのは、ぎょろっとした目玉がポイントの「怖かわいい」スイーツたち。ちょっと不気味な「ハロウィンドーナツ」(199円)は、鮮やかなブルー&イエローでポップな見た目に。また、イケアで人気のソフトクリームもハロウィン仕様に変身。お化けがひょっこり顔を出す「ピンクゴーストソフト」(250円)は、黒いコーンの帽子がかわいいストロベリー味だ。

竹炭で黒くコーティングされたキャラメル味の「ブラックポップコーン」(150円)や、一見まるでコーヒーのような「ブラックパンプキンスープ」(299円)など、インパクトのある「真っ黒」なメニューも販売される。

関西では、「イケア鶴浜」(大阪市大正区)と「イケア神戸」(神戸市中央区)で開催。フェアメニューは、11時から20時半までオーダー可。期間は10月31日まで