多摩川、荒川、相模川中流、入間川流域、菊川で氾濫危険水位に

毎日新聞によると。

 台風19号の接近に伴う大雨となった12日、関東や東海地方では複数の河川で急激に水位が上昇し、氾濫の危険が高まった。

 気象庁などは夕方までに、東京都や神奈川、埼玉、静岡県を流れる多摩川▽荒川▽相模川中流▽入間川流域▽菊川――などで氾濫危険水位に達したとして、最悪のレベル5に次ぐレベル4にあたる「氾濫危険情報」を発出した。

 多摩川では同日3時40分ごろ、東京都調布市の観測所で氾濫危険水位に達した。東京都によると、奥多摩町の小河内ダムは大雨で水位が上がったため、同日午後6時から下流の多摩川に流す水量を増加。担当者は「水位が上昇する恐れがあるので、多摩川には近づかないでほしい」と呼びかけた。気象庁が今回と規模や状況が似ていることから警戒例として取り上げた61年前の「狩野川台風」で、死者・行方不明者1269人が出た伊豆半島の狩野川は、午後3時ごろの水位が7メートルを超え、警戒レベル3にあたる「氾濫警戒情報」が出された。東京都の下町エリアの荒川では流域での浸水の恐れが高まり、江戸川区は約43万人に避難勧告を発令した。

 この他、利根川上流部などでは警戒レベル2にあたる「氾濫注意情報」が出され、気象庁などは、ハザードマップなどで災害が想定される区域や避難先、避難経路を確認するよう呼びかけた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA