ザリガニ食べる イケアでスウェーデン夏の風物詩ちなんだメニュー

みんなの経済新聞ネットワークによると。

 スウェーデン夏の風物詩にちなんだ「ザリガニフェスティバル」が8月8日、「IKEA(イケア)港北」(横浜市都筑区折本町)内レストラン&カフェで始まった。(港北経済新聞)

 スウェーデン発祥のイケアは、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアで店舗展開する家具店。同店ではスウェーデンの伝統行事にちなみ、季節ごとにイベントも展開している。

 19世紀から食用ザリガニ(クレイフィッシュ)を珍味として食べてきたスウェーデン。しかし乱獲により一時生息数が減り、絶滅の危機にひんしていた。このため、毎年夏の2カ月間のみザリガニ漁が行われるようになり、漁が解禁される8月になると、ザリガニパーティーを開くようになったという。

 今回はこの習慣にならって、ザリガニメニューを提供。メニューはザリガニジャンバラヤ(799円)、ザリガニプレート(3匹、349円)、ザリガニケイジャンスタイル(1,200円)など。1階フードマーケットでは冷凍クレイフィッシュ(1キロ2,990円)の提供も行う。

 ザリガニフェアは8月18日まで。開催時間は11時~20時30分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA