ユニクロ & JW アンダーソンで“着る”ダイエットデニム発見!

集英社ハピプラニュース によると。

ド定番ワードローブではあるけれど、毎シーズン少しずつ形やディテールの“今っぽさ”が変わるから、なかなか気の抜けない悩ましいアイテム、それがデニムです。ここ最近の主流は、ウエスト位置が高めのハイライズタイプ。さらにストレートかボーイフレンドかワイドかスリムかetc.、脚の形はお好みで分かれるのですが、@BAILA読者のみなさまにぜひお試しいただきたいのが、ひざから下がAラインになったフレアデニム。ユニクロ(UNIQLO)からこの春リリースされた超人気コラボコレクション【ユニクロ & JW アンダーソン(UNIQLO and JW ANDERSON)】で、スタイルアップ&脚長見えに劇的な効果を発揮する神のようなデニムを発見したのでご紹介させてください!

1970年代に流行した、いわゆる“ベルボトム”タイプです。ちょっとレトロなムードですが、何よりご注目いただきたいのが、履いたときの美脚効果! ハイウエストから流れるようなフレアシルエットで、驚くほど脚長&着やせ見えするんです! あまりのきれいなラインに思わず自腹買いしてしまったエディターOが、オン&オフ着回してみましたのでご覧ください。

ベルボトムジーンズ¥3990/ユニクロ(ユニクロ & JW アンダーソン)

フェミニンなとろみブラウスにもぴったり
ベージュのとろみスキッパーシャツは、エンフォルドの1stコレクションでいまだに大事に着ているもの。コンサバなアイテムこそ、ベルボトムデニムで遊び心をプラスするのが、ちょっとおしゃれな通勤コーデしゃれ見えの極意とみています。

スウェット&ダッドスニーカーもなんだかきれいめになる
“デニム×ロゴスウェット×スニーカー”なんて、30代大人女子にはカジュアルすぎ注意報では…!? と思いきや、すっきりきれいめなベルボトムジーンズの脚長効果で、ほどよい女らしさが加わるんです!

このデニムのお気に入りポイント、その1>ボタン
ちょっとしたことですが、フロントボタンにはJW ANDERSONのロゴが刻印されています。ハイライズタイプのため、ウエストをインして履く人が多いと思いますから、ほどよいアクセントになりますよ。

このデニムのお気に入りポイント、その2>バックにもロゴステッチ
さらに後ろポケットの上にも、JW ANDERSONのロゴステッチがあしらわれています。ちなみに、前も後ろもポケット位置が高いので、ヒップアップ見え効果もあると思います。
いかがでしたか? 2種類のウォッシュをかけて仕上げているところもこだわりポイント。完売店も続出中のもようなので、店頭で見かけたらぜひ一度お試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA