ユニクロの白デニムは40代の味方!

webマガジン mi-mollet によると。

白いパンツは汚れそう…下着が透けそう…など、敬遠されがちな白のボトムス。そんなお悩みを解決して、“冬の白”を楽しむコーディネートを、人気モデル・鈴木六夏が教えてくれます!
重くなりがちな冬のコーディネートに“あえての白”を加えたことで一気に洗練される!と話題になった白デニムコーデを一挙まとめ公開♪

ユニクロ白デニムは柄アウターの受け止め役
お気に入りなのは白デニム。なかでもユニクロの白デニムは、買いやすい値段だから、くたびれてきたなと思ったら、買い替えられるのも魅力。いつでも“きれいな白”の状態ではくことができます。お家でジャブジャブと洗濯できるのも便利ですよね。

白デニムは、インパクトのあるレオパード柄のアウターも受け止めてくれます。コート以外を淡い色味でまとめることで、レオパードが派手に見えすぎないので、助かっています。足元をパンプスにしたかったので、寒くないようにソックスを合わせて。着こなしにカジュアル感があるので、ソックスもテイストを合わせてリブタイプを選びました。シンゾーンのソックスは、絶妙な色味が多いのでお気に入りです。

このレオパード柄のエコファーコートは、リバーシブルで着られるタイプ。よりカジュアルな着こなしを楽しみたいなら、キルティング面にします。レオパード面で着るときの私的なこだわりは、ジュエリーをまったくつけないこと。コート自体にインパクトがあるので、派手派手しい印象にならないよう気をつけています

アウター/サードマガジン 、トップス & スヌード/スローン、パンツ/ユニクロ、バッグ/エルエルビーン、ソックス/シンゾーン、シューズ/ジュゼッペ・ザノッティ、メガネ/ディタ

真冬の寒さ対策は、レイヤードでおしゃれに見せる
シャツ×パーカ×コートの、冬ならではのレイヤードスタイル。抜け感をつくりにくい重ね着スタイルに、キレのあるシャツを加えることで、すっきり見えるような工夫を。室内に入りコートを脱いだときも、インをシャツにしておくことで、ラフに見えすぎないのもメリットです。

足元は、ソックスと靴の色をなじませることで、スニーカーでもバランスよく見えるように。ソックスを少し白デニムにかぶせてはいて、ニュアンスを加えました。

ファッションが大好きなので、街を歩けば、かわいいものの誘惑がたくさんあります。ですが、自分にとってよかったと思える買い物をしたい、後悔したくないという考えをもつようになってから、ジュエリーも時計も自分らしいセットがあれば、それでよしと思えるようになりました。このコーディネートにはあのリング、あのコーディネートにはあのピアス、という悩みもなくなり、とてもラクになりました」

アウター/ボールジィ 、パーカ/ザ シークレットクロゼット、シャツ/マディソンブルー パンツ/ユニクロ、バッグ/マルシェ、ソックス/シンゾーン、シューズ/コンバース、ピアス/カドー、バングル/ティファニー、リング(人さし指)/モニカ・カスティリオーニ (小指)/カドー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA