イケアで作る「賃貸・1K・一人暮らし」のインテリアって? ポイントは「フレキシブル」と「多機能」

ねとらぼ によると。

イケアが提案する暮らしとは? 発表会で展示されたルームセットを紹介します
 イケア・ジャパンは2月7日、2019年春夏の新カタログとコレクションに関するプレス発表会を行いました。新カタログの大きなテーマになっているのは「新生活」。会場には、日本での新生活をテーマにした2つのルームセットが用意されていました。

 新カタログでは、さまざまな生活環境やストーリーに合った5つの家を紹介しています。カタログはイケアの「家での暮らしに関する調査」に基づいて作られており、グローバルのカタログチームが日本に訪れ調査・研究も行ったとのこと。「今まで以上に日本の市場にあった内容」といいます。イケアが提案する「日本に合った暮らし」とは、どのようなものでしょうか。
賃貸1Kで暮らす都会の男女
 会場のルームセット1つ目は、一人暮らしをしている27歳女性の部屋。1K賃貸(25平米)のリビングエリア7畳(12平米)の暮らしをイメージしています。彼女にはこんなストーリーが。

 「東京の会社に転職したばかりで、初めての一人暮らし。帰宅は午後8時、夕食や片付け、入浴を済ませて24時には眠る毎日で、リラックスする時間が持てないでいる。平日の睡眠時間は6時間なので、週末は外出しないで家でゆっくりしたい。(1Kの部屋なので)1部屋を多目的に使っているけれど、リラックスして心を体を癒やす空間も必要」

 1K一人暮らしだと、リビング部分で「食事」「睡眠」「リラックス」「遊び」「仕事(勉強)」「生活(服や小物の収納)」などを行う必要があります。結果、かなり雑然としてしまいがち……。

 そんな生活に対し、イケアは3つのポイントを提案しています。(1)スペースを最大限に利用、(2)収納や家事がしやすい機能的な家具を選んで時間を有効活用、(3)スマート照明などを活用して照明の色と明るさを調整してリラックスする。

 展示された部屋は、大きく分けて、衣類などの収納スペース、日用品とデスクがまとまったコーナー、ベッドスペースに分かれていました。一番目を引いたのは、部屋の奥にある収納スペースです。モジュール式のワードローブとハンガーレールを組み合わせて、効率よく収納ができそう。ワードローブの中にさらにボックスなどを入れて整理整頓もできます。

 左壁面には、モジュール式の棚+デスク。便利そうなのが「ロースコグ」のワゴン(4999円)です。オープン収納なのでよく使うものを取り出しやすく、キャスター付きなので掃除や移動も楽です。

“一人二役”を果たす家具
 もうひとつの部屋は、22歳男性の一人暮らし。同じ広さの1K賃貸という設定です。彼のストーリーは「新社会人で、初めての一人暮らし。仕事柄、転勤・引っ越しが多くなりそう。1部屋を多目的に使っていて、狭いスペースでも機能的に使って、友人を招いたりしたい」。

 転勤などに伴う引っ越しが多い人にとって、家具の購入はなかなか頭を悩ませるポイント。イケアのヒアリングでは、「気に入った家具を買っても引っ越し先にフィットしないことがある」「引っ越しのたびに処分することになるので、適当に選んでしまっている」といった声が上がっていたといいます。

 先ほどの女性の部屋と同じく、部屋奥の収納スペースがたっぷり。「イーヴァル」シリーズを組み立ててラックを作っているのですが、丈夫で軽く、組み立てや解体が簡単なので、引っ越し先にも持っていけます。またモジュール式なので、新しい部屋に合わせて組みかえたり買い足したりとカスタマイズもできるのだとか。

 会場披露時に驚きの声が上がったのが、収納と一体化しているデスク。「イーヴァル」シリーズの「収納U折り畳みTB付」デスクは、来客時などスペースを広く使いたいときは足と板面をしまえる仕組みになっています。

 また、ベッドにも工夫があります。「ウトーケル」シリーズのスタッキングベッドは、2台が重なった状態のベッド。普段は重ねて、来客時は引き出せば来客用のサブベッドとしても使えます。家族が増えるなど、ライフスタイルが変わっても活躍できそうなベッドです。
キーワードは「フレキシブル」と「多機能」
 展示された2つのルームセット。込めた思いを、担当者の早雲美菜さん(Country Interior Design Specialist)に聞きました。どちらも一人暮らしの賃貸1Kの部屋。今回のルームセットには、日本独特の課題や特徴があるのでしょうか?

 「日本のニーズの中で大きいのは『部屋を広く見せたい』ですね。また、日本の暮らしの課題として見えてきたのは『リラックスする時間が持てていない』こと。快適な寝具で睡眠時間を伸ばす、照明などを調整して眠りの質を豊かにする、家事の時間を減らしてリラックスする時間を増やす――などのソリューションで、リラックスできる部屋を提案しています」(早雲さん)

 今回のルームセットで特徴的だったのは、「フレキシブルに組み立てられる収納」や「多機能な家具」。日本の賃貸物件は柱・梁・エアコンなどの位置の関係で「買った家具が入らない」「デッドスペースが生まれてしまう」といったケースが珍しくないため、モジュール式はありがたい商品です。

 「ただ、『部屋が狭い』というのは日本だけではないんですよ。世界の都市部の暮らしでスモールスペース化が進んでいます。狭い部屋に住む人が増える中で、収納は非常に大切です。またスペースが少ない暮らしにおいて、『1つの家具に1つの機能しかない』のはもう“古くなる”のかもしれません。折りたためたり収納になったり……と2つ以上の機能を持っている家具も提案していきたいと思っています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA