100均のワイヤーライトで瞬時にインスタ映えの写真に!

ESSE-online によると。

ワイヤーライトを使った、「映え写真」のつくり方
自然光が入る場所で撮ったり、グリーンをからめたり…。「インスタ映え」する写真を撮るためには、いろいろな工夫があります。

100円グッズで無機質なキッチンもお店風!プチDIY術はこちら!

可愛い写真から幻想的な写真まで!ワイヤーライトで映える写真をつくる
最近100円ショップでも人気となっているワイヤーライトは、形や色もさまざま。イケアやアマゾンでも、1000円以下で長めのライトを売っています。
これらのライトは、じつはとってもフォトジェニックなんです。

今回は、これらを使った写真と、その撮り方を紹介したいと思います。

まずはいつものテーブルフォトに、ワイヤーライトをプラスしてみましょう。

テーブルやトレーの色に合わせて、銅の色のワイヤーライトを選びました。悪目立ちせず、すんなりとなじんでくれる印象です。S字のように置くことで、やわらかさや奥行きをプラスしてくれます。

さらに印象的な写真にするために、少しカップを持ち上げて、上から撮ってみました。ワイヤーライトが玉ボケになってくれるので、かわいい雰囲気がUPします。

こうしていろんな角度から撮ってみることも大切です。思ってもみなかった写真が撮れるかもしれませんよ。

●暗くしたり、壁にはりつけたり…。ライトひとつでさまざまな雰囲気の写真に

次に、ドライフラワーと布とを組み合わせてみましょう。白の布を敷いたので、ワイヤーライトもシルバーのものに。少し暗めに撮ることで、ライトの存在感が強調され、大人っぽい雰囲気になります。

小さく光ったライトと大きく光ったライトが見えると思います。これは、ワイヤーを曲げて少し立つように置いているからです。近くのライトははっきりと。遠くのライトは玉ボケとして写るので、ランダムに光っているように見えるのです。

ライトの置き方ひとつで写真に変化が出るので、いろんな置き方してみるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA