ZOZOvs.ユニクロ ヒートテック戦争

BUSINESS INSIDER JAPAN によると。

12月7日、ZOZOTOWNの倉庫ZOZOBASEからライブストリーミングで「ZOZOHEAT」を発表。
ファッション業界で2018年一番バズった企業を選ぶとしたら、ダントツで前澤友作社長率いるZOZO(旧スタートトゥデイ)だ。

ZOZOSUITは米タイム誌の「Best Inventions 2018」や小学館「DIMEトレンド大賞」の大賞、毎日新聞社の「毎日ファッション大賞」の話題賞も受賞。

前澤社長本人はTwitterを中心にSNSで積極的に情報を発信するとともに、剛力彩芽との交際をきっかけにバラエティ番組などへも露出が拡大。民間人初の月への周回旅行に名乗りを上げ、イーロン・マスク「スペースX」CEOと共同会見を行い、まさに時の人となった。

肝心の商売でも、プライベートブランド「ZOZO(ゾゾ)」の発売を開始し、アパレルメーカー化を宣言。4月の決算発表時には中長期目標として「世界のアパレルブランドのトップ10入り」と、「時価総額5兆円」を掲げ、マーケットをざわつかせた。

世界のアパレルブランドトップ10のうち、四天王は次の4社だ。

・「ZARA」を擁するスペインのインディテックス社(253億3600万ユーロ、約3兆2936億円、1ユーロ=130円で換算、2018年1月期)

・「H&M」を展開するスウェーデンのH&Mへネス&マウリッツ社(2000億400万スウェーデンクローナ、約2兆6000億円、1スウェーデンクローナ=13円で換算、2017年11月期)

・「ユニクロ」「GU」を手がけるファーストリテイリング(2兆1300億円、2018年8月期)

・「ギャップ」「オールドネイビー」を扱う米ギャップ社(158億5500万米ドル、約1兆7757億円、1ドル=112円で換算、2018年1月期)

「ヴィクトリアズシークレット」を手がけるLブランズやアイルランド発祥の「プライマーク」に続き、しまむら(5651億円、2018年2月期)も10位にランクインしている。

サイズフォーカスで差別化
2004年にスタートした「ZOZOTOWN」がファッション専門通販サイトとしては日本最大となり、取扱いショップ数は1183(2018年9月末時点)、年間購買客数が約777万人、2018年3月期に2705億円だった商品売上高は今期、3600億円を見込むところまで成長している。

とはいえ大半が他社商品で、オリジナル商品を製造販売するのは「ZOZO」が初めてとなる。

いまやOEM(相手先ブランドによる製造)の手法などを含めて、服を作ること自体はそれほど難しい時代ではない。また、これまでZOZOTOWNで獲得してきた会員や、顧客の購買データ、物流ロジスティクスなどのプラットフォームの資産を活用すれば、ゲタをはいた状態で商売ができると読んだのだろう。

さらに武器として、前澤社長はサイズにフォーカスすると宣言した。

「S・M・Lといった既存のサイズではなく、『自分サイズ』の服を提供することによってサイズ革命を起こしたい」

たしかに、通販の購入時の最大のネックといわれていたサイズ問題の一つの解決策ではある。

とはいえ、PB「ZOZO」の売上げ計画は荒唐無稽だった。
3年で2000億円目標という非現実感
初年度目標の200億円という数字は、ジーンズメイトの年商の2倍以上、マルキューの愛称で知られるSHIBUYA109の年間売上高をも上回るほどの数字だ。さらに2020年3月期が800億円、2021年3月期で2000億円とぶち上げたのだ。

2000億円といえばユナイテッドアローズやベイクルーズはもちろんのこと、三陽商会やTSIホールディングスなども抜き、アダストリアと肩を並べる規模だ。各社が何十年もかけて人を育て、モノを作り、仕入れ、店を構え、ブランディングをし、ファンを醸成してきた実績を、たった3年で追いつき追い越すというのは非現実的との声もある。

しかも、ZOZOSUITは伸縮センサー内蔵型の採寸用ボディースーツが生産面や採寸の精度面で技術的な問題が起き、水玉模様の画像認識型に仕様変更しテクノロジー的にはダウングレード。しかも一部を除き配布が9カ月近く遅れるなど混乱をきたした。

さらに、7月に発売を開始したビジネススーツは、計測データに基づいた縫製パターンの自動生成システムに一部不具合が発生。不完全な縫製パターンのまま裁断・縫製して不良品が発生したり、提携工場とのデータの連携の不具合など初歩的なミスもあった。

結局、10月末にはZOZOSUITの国内での配布を原則中止とし、ZOZOSUITなしでPBが買える形に大幅に方針転換を図った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA