マフラーは首に巻いちゃダメ! 「冬のおしゃれ」を格段にアップさせる方法

週刊SPA! によると。

 冬はコートにブーツ、インナーと、とにかくお金がかかってしまいます。どうしても小物がおろそかになりがちですが……実は冬コーデの肝は小物にあり。使い方次第で去年のコートも格上げすることができます。今回はそんな小物の使い方をレクチャー。

◆マフラーは色を合わせて垂らす

 まずはStyle1、基本テクニックのマフラーです。日本人の多くが首にぐるぐると巻いて使っていますが、それ以外にも垂らして使う方法がおすすめ。カジュアルなコートやスーツスタイルのジャケットなど、どんな着こなしでもOKです。

 Style1のようにマフラーを垂らしてみてください。すると、マフラーによって腰が隠れて脚の開始位置がごまかせます。歯科助手さんに美人が多いのはマスクをしているから。隠された部分は脳内で勝手に自分の理想に補完するものなのです。脚の開始位置を隠すことで、さもスタイルがいい「脚長」に感じさせることができるのも原理はまったく同じ。

 このとき、マフラーはパンツかジャケットのどちらかと同系色を選ぶと、腰の位置がわかりにくくなるのでさらに効果的。ロングコートと合わせると、お尻まですっぽり隠れるので、なんだか急に大人っぽくスタイリッシュに見えるでしょう?

◆ブランドキャップに視線を集める

 Style2はちょっとお金を使います。アウターもインナーもユニクロですが、実はニット帽は憧れのPRADA。帽子は顔の近くにあり、体の先端にある、とても目立つアイテムです。だからこそここにさりげなくブランドロゴの入ったアイテムを持ってきて「高見え」を狙うのもアリ。スワロフスキーやスパンコールなどあまりにもギラギラしたロゴはやりすぎ。

「よく見ると……あれ? PRADAじゃん!」くらいがちょうどいい。ハイブランドでもニットキャップくらいならそこまで高くないはず。それでいて、気づかれる確率は極めて高いのでコスパ抜群。話のネタにもなりますよ。

◆ミニバッグでバランスを整える

 Style3はミニショルダーバッグ。はやりのミニショルダーはコートのシルエット調整にも活用できます。斜めがけでストラップを使えば、ゆったりサイズのコートを細く見せることもできます。オーバーサイズで買ったものや、体形が変わって使えなくなったコートなどに合わせると効果大。一気にスッキリきれいに見えることもあります。思いのほか印象が変化するので、まずはお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA