GUの冬モノ、ありえない高品質…1990円で1万円級のセーターって…

週刊SPA! によると。

 今回はGUで「今から買えるマストバイ冬物」を5つ紹介します。コートもまだまだ少し在庫があるよう!! 買いたい人は急ぎましょう!!

◆インナーに使えるウインドパーカーはGUがおすすめ

▼ウィンドプルーフシェルパーカ 1990円(+税)

 この手のウインドブレーカーはユニクロのブロックテックをはじめ、多くのメーカーが手がけるところではあります。しかし、この時期だからこそGUのこちらのモデルがおすすめ。GUのウインドブレーカーの特徴は何よりコンパクトサイズと軽量感にあります。ユニクロの同様のモデルと比べてもこちらのほうが軽く、着心地は楽チン。また、サイズ感もコンパクトで小さめに作られているため、「インナー」として活用できるのが大きなメリットです。

 ユニクロのブロックテックをインナーに着ると、大きめなサイズ感と素材のハリでガサガサと少し違和感を覚えるものですが、こちらはコートの中にすんなり入れることができます。ウールのコートって真冬には少し寒いでしょう? ダウンやマウンテンパーカーなどで使われる化学繊維と比べてウールなどの天然素材は隙間があり、風を通しやすいのが原因です。ウールコートは素材の保温性は高いけど、通気性がよく、風を通してしまうため、結果的にダウンなどに比べて圧倒的に防寒性は劣ります。

 そこで、おすすめがインナーにこうした化学繊維を入れてあげること。特にこちらは風を止めてくれるウインドプルーフ素材。ウールコートにない防風性を足してくれて、「保温性はアウター」、「防風性はインナー」と補完関係が成立します。見た目もコートのカッチリ感をスポーティなウインドブレーカーでカジュアルに見せてくれる。コートはビジネスライクに見られがちで油断すると「仕事帰り?」なんて言われちゃいますが、これを使えばその心配もないでしょう。

◆上下無地の地味スタイルにはパネルボーダーがイチオシ!!

▼コットンアゼボーダークルーネックセーター(長袖) 1990円(+税)

 コートもボトムスも基本的にメンズは無地が多いもの。女性と違い何枚も洋服を買いそろえたりしないため男性は「着まわしやすさ」「使い回しやすさ」を第一に色を選びます。すると、必然的に黒やダークトーンが多くなる。デニムを買うときも薄い色より濃い色を選び、コートを買うときも明るいキャメルより暗いブラックを選びます。すべての色を要素として含んでいる黒はどんな色とも馴染む上、収縮色で細く見えて、かつスーツでも使われる色だけに大人っぽい印象を与えてくれる。色に迷ったら黒を選ぶ……そんな気持ちは男性なら誰でも理解できるはずです。

 頻繁に買い換えるカットソーやTシャツなどならともかく滅多に買わないコートやボトムスで黒やダークトーン以外を選ぶ勇気はなかなかないもの。結果、冬は上下黒ずくめといったスタイルに落ち着いてしまいがちです。

 そこでインナーだけは、少し主張のあるものがおすすめ。ボーダー柄を一枚取り入れてみましょう。冬のニットも油断すると、ついついダークトーンを選びがちですが、ちょっと待った。ぜひグッとこらえてインナーだけは、こうした柄物や色物を取り入れてみてください。

 こちらは春を意識したコットン素材なので新年以降も使えます。春らしい白ベースに黒ボーダーの柄などは特におすすめです。素材はコットンでも厚手なので、冬でもさほど寒くはないし、違和感もありません。

 目立つ太めのボーダー柄は全面にシマシマが入ると「鬼太郎」みたいになっちゃうので、このアイテムのように胸元から腹回りまでで抑えた「パネルボーダー」がおすすめ。素材感も柄使いもツボを押さえいます。

◆大人っぽく、かつ小顔に見えるバケットハットのススメ

バケットハット 1490円(+税)

 静かにトレンドとなっているバケットハット。つばのあるハットは大人っぽく見える好デザイン。ウールのハットや中折れ帽では「キメてる」印象がありますが、ワーク感のあるバケットハットデザインならほどよいカジュアル感があり、使いやすい。

 何よりハットは小顔に見えて、スタイルアップに役立ちます。つばが全面にあり、顔に影をつけてくれるため、小さくコンパクトな顔まわりを作ってくれます。顔が小さく見えると、対比効果で手足は長く見えるもの。我々は「八頭身」という言葉通り、無意識に「頭の大きさ」で全体のバランスを測っています。頭が小さく見えるハットをかぶると、なぜかスタイリッシュに感じます。ぜひ一度試して見てください。

◆本当にこれGU!? 高級ブランド並みのクオリティ!!

▼ウールブレンドチェックコートMC 5990円(+税)

 うっかり今年、まだコートを買ってないという人にはこちらがおすすめ。これ着てると、かなりの頻度で「それどこのですか??」と聞かれますが、「GUです」と答えると、誰しも目を丸くして「ええええ!?」と驚かれます。

 とにかくこの素材感と雰囲気、ぜひ体感していただきたい。これが5000円台なんて世も末、もうブランド商売は終わりかもしれない……。肉感あるヴィンテージライクなウールと安っぽさが微塵もない柄使い。どうしてもウールコートは色や柄を使うと、素材の良しあしが目立ってしまいます。

 黒一色なら素材が潰れて見えて生地の風合いに気付きにくくなり、ごまかせるものですが……こうした明るめの色の柄使いは微細な起毛感や滑らかさの違いがとにかく目立つ。

 たぶん、GUさん、相当頑張ったのでしょう、ウールの混率も高く、風合いは高級品そのもの。チェスターコートにしては襟が大きく、小顔効果が働く仕様だったり、身幅が広く、インナーを入れても着膨れしないサイズ感だったり、細かな部分も大変よく作り込まれています。

 在庫は残りわずかですが、激しくおすすめ。今年、コートを諦めていた人も5000円ならひねり出せる? ぜひ試してみてください。

◆インスタでも大人気!今年のGUのベストバイ品!

▼ローゲージタートルネックセーター(長袖)MC 1990円(+税)

 もう在庫が残りわずかなのでお早めに。私はあまりに気に入って全色買いました。実際、触って着用してみると驚くはず、これ1990円の風合いじゃありません。1万円で売っていても安いと思うくらいかも……。

 太糸のざっくりニット。タートルネックは「チクチクする」「首がすぐ寝てしまう」など安物を選ぶと後悔するものが多いのですが……こちらはすべてクリアしています。アクリル混なのに、それを感じさせないほど風合いが柔らかく、しっとりしていてチクチク感はゼロ。安物タートルは数回着用で首が寝てしまったり、ヘタってしまったりするものですが、こちらは何度着用しても寝ることがありません。

 表記は手洗いになっているし、ニットは基本、家庭用洗濯機でのケアが不可ですが、こちら案外大丈夫。私は自宅でガンガン洗ってます。毛羽立ちは多少起こりますが、3回洗っても気になるほどじゃないかな。ほかのものと洗うと、引っかかってニットが伸びる可能性はありますので、単体で洗うのがおすすめです。

 ローゲージのニットはどこのブランドでも値段が張ります。1990円でこれだけのクオリティが手にはいるならもうインナーにお金を出す必要はありませんね。

 以上、「今から買えるGUの買うべきマストバイ冬編」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA