遊び心を1万円台から買う。IKEA×ヴァージル・アブローのラグが発売

ライフハッカー[日本版] によると。

2018年12月15日(土)、デザイナーのヴァージル・アブローとIKEAによるコラボコレクションのプレローンチイベント「STILL LOADING」が、東京の寺田倉庫にて実施されました。

このイベントはパリに続き東京が2度目の開催となり、これが最後となるそうです。

シカゴ出身の建築家/グラフィックデザイナーのヴァージル・アブローは、ハイブランド「OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH」の主宰として知られています。

2018年3月には、LOUIS VUITTONのメンズ・アーティスティック・ディレクターにも就任しました。
家具に実用性だけではなく遊び心を
ここ数年は著名ブランドとファストファッションのコラボも多く行われていますが、人気も敷居も高いハイブランド界隈のヴァージルと、国民的家具メーカーのIKEAとのコラボということで、その注目度は言わずもがな。

限定コレクションの名前は「MARKERAD(マケラッド)」で、これはスウェーデン語で、強調されたという意味です。

ミレニアル世代の若い人が初めて暮らしをする時の部屋をイメージしてつくられたコレクションで、そのデザインには、実用性だけではなく、スニーカーのように家具のひとつひとつにも愛着と高揚感を持って欲しいという意図が込められています。

展示はいずれも非常にコンセプチュアルでした。IKEA of Swedenのクリエイティブ・ディレクターであるヘンリック・モストいわく、今回の展示はアートインスタレーションのように見せたかったとのことです。
「MARKERAD」第一弾はラグが発売
さっそく、今回お披露目されたコレクションを見ていきましょう。まずは今イベントで先行発売される4種類のラグから。

色の反転がユニークな「BLUE」。光の当て方で色の見え方を変えています。

黒と白で構成された「GREY」。

アメリカの一般家庭の応接間にあるようなカーペットのパターンの上に、本来触れて使うものであるラグに、あえて美術作品のように「立ち入り禁止」的な文言を配した「KEEP OFF」。

そして、今イベントのタイトルにもなっている「STILL LOADING」。ラグの柄がローディング中の画像になっていますね。

ラグ自体を作る技術は新しいものではありませんが、このコレクションではラグが語りかけてくるような、人格を宿すデザインを試みたとのことです。

これらの4種類のラグは、2018年12月16日(日)よりIKEAストアにて限定抽選販売が始まります。詳細はIKEAのサイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA