ユニクロ、ルメールの「Uniqlo U」2019年春夏コレクションは計102アイテム

Impress Watch によると。

ユニクロが、クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームによる「Uniqlo U」2019年春夏コレクションを2019年2月1日に発売する。ラインナップは、メンズが42アイテム、ウィメンズが54アイテム、シューズを含むグッズが6アイテムの、計102アイテム。

Uniqlo Uの特徴は「服のディテールやシンプルさを追求」していることと、「いきいきとしたカラーパレット」としている。

クルーネックTシャツは、メンズ12色、ウィメンズ13色をラインナップ。さらに、肌触りの良い素材とリラックス感のあるボックスシルエットが特徴の新しいクルーネックTシャツが発売される。メンズはソリッド(単色)6色とボーダー4色、ウィメンズはソリッドのみで10色展開。

そのほかメンズは、Uniqlo Uとしては初となるリネン素材のメンズシャツが登場。ウィメンズは、鮮やかな色彩の柄のオープンカラーシャツ、ショートパンツ、ワンピースや、ビキニタイプとワンピース全6型のスイムウエアがラインナップされる。

商品価格帯は以下のとおり。
アウター:4,990~14,900円
パンツ:2,990~3,990円
スカート:2,990~3,990円
シャツ:1,990~3,990円
カットソー:1,000~4,990円
ニット:1,990~5,990円
ワンピース:1,990~4,990円
スイムウエア:990~2,990円
シューズ:2,990~5,990円
バッグ:1,990~3,990円
グッズ:1,990円

クリストフ・ルメールは、1991年に自身のブランド「LEMAIRE」を立ち上げて以来、ラコステやエルメスといったブランドやメゾンのアーティスティックディレクター等を歴任。2016年より、ユニクロパリR&Dセンター(リサーチ&デベロップメントセンター)のアーティスティックディレクターとして就任し、Uniqlo Uの商品作りに携わっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA