ユニクロで冬を乗り切る! ニットの最適な着こなし方

bizSPA!フレッシュによると。

 寒い季節に必須な「ニット」。防寒のために、シャツの上に着ると暖かいですよね。

 主に店頭ではVネックとクルーネックのニットが陳列してあります。襟の形が違うのはわかるけど、「どっちを着ればいいの?」と一度くらい考えたことはありませんか。

 店頭では説明もなく陳列されていることが多いので、どちらを選んでいいのかわからないまま着ている、もしくはなんとなく着ている方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、シャツに合わせるVネック・クルーネックニットの最適な着こなしを、ビジネス、カジュアルのシーンのそれぞれで、服のコンサルタントである私がお伝えいたします。

 前回の「ユニクロの新作ダウンを“スーツの内側”に着るべき絶対の理由」の記事でもご紹介しましたが、ポイントは首元の印象にあります。

 ビジネスカジュアルの職場を想定し、ニットは薄手のユニクロの「エキストラファインメリノウールニット」。

 シャツはオックス地でネクタイ着用でもノータイでも着まわせる「ホリゾンタルカラー」、ネクタイは「ニットタイ」を使用しました。

 まずはクルーネックニットと、Vネックニットを比べてみます。

 ネクタイを使用するビジネスシーンにおいて、クルーネックだとネクタイの結び目が詰まった印象となってしまいます。Vネックのほうはネクタイの結び目はスッキリして見えるため、綺麗な印象となります。

 ネクタイを着用するビジネスシーンでは「Vネックニット」を選びましょう。ネクタイを美しく見せることができます。

ホリゾンタルカラーシャツとVネックニットの場合、ニットに襟が収まりにくくだらしない印象になりやすい
ノータイやカジュアルシーンで着るべきは?
 しかし、ここで問題が発生します。襟の部分がやや開いたセミワイドやホリゾンタルカラーシャツの上にニットを着用すると、襟が広がっている分、襟先のニットへの収まりが難しくニット着用には不向きなのです。

 このような点から、ノータイやネクタイをしないカジュアルシーンでのシャツは襟の広がりがさほどなく、襟をボタンで留める「ボタンダウンシャツ」がお勧めです。

 ボタンダウンシャツでクルーネックニットを着用するとほどよくニットに襟が収まり、カジュアルで柔らかい印象になります。

 ネクタイを使用するビジネスシーンの場合は「Vネックニット」を。着用しない・カジュアルな場合は「クルーネックニット(+ボタンダウンシャツ)」として覚えておくと、購入や着用の際に困らないと思います。

 Vネックニットかクルーネックニットか迷った際の簡易的な判別方法として、また、着用の際の使い分け方として参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA