IKEAのフレームでお部屋を格上インテリア

HOLICS によると。

プチプラでも“おしゃれで使える”雑貨をご紹介する本連載。今回は壁面を彩るイケアのフレームをピックアップ! 実はおしゃれなインテリアの壁面に必ずと言っていいほど使われているアイテムです。そして写真や絵を飾るだけでなく、いろいろな使い方ができる優れモノ。コツを押さえて「なんかおしゃれ!」と言われるインテリアをゼシ目指して。

「色違い&大きさ違い」のフレームを組みあわせるのが飾り上手のポイント
一口に「フレーム」と言っても、大きさ、色、形はさまざま。同じ種類のフレームをいくつか並べるだけでもおしゃれですが、ありきたりになってしまうかも。よりおしゃれなインテリアを目指すなら、さまざまな種類のフレームを組み合わせてみて。今回はモノクロ+差し色のゴールドで、大人っぽくコーディネートしてみました。

使ったフレームは、スィルヴェルホイデンシリーズのゴールドカラー30x40cm¥1,299と13x18cm¥399。正方形のHOVSTA (ホーヴスタ)のホワイト、23x23cm¥1,299。そしてRIBBA(リッバ)シリーズのブラック13x18cm¥349と10×15cm¥249。

フレームをディスプレイするときのコツは、複数を「アシンメトリー(左右非対称)」にコラージュ。
「ひとつだけぽつん」よりもコラージュして飾るとよりおしゃれに!

フレームをディスプレイするときのコツは、複数を「アシンメトリー(左右非対称)」にコラージュすること。その時、縦のラインか横のラインのどちらかを揃えると失敗がありません。試してみて、もし難しいなと感じたら、大きさは違っても“フレームの色は同じもの”で揃えて飾ると、まとまった印象になり、うまくディスプレイできますよ。

右のフレームはイケアで買った紙ナプキン。左は、取っておいた包装紙。
包装紙や紙ナプキンもフレームに入れればアートになる!

フレームに飾るものは写真やポストカード、絵画だけではありません。例えば右のフレームに入れたのは、イケアで買った紙ナプキン。左は、取っておいた包装紙なんです。「絵柄が素敵!」と思ったら、フレームに入れてなんでも飾ってしまいましょう。

最初から4つがセットになっているコラージュセットは、VESSIGE(ヴェッスィゲ)¥1,999。
特におすすめのイケアのフレームはこちら!
なんと最初からコラージュセット。そのまんま飾っておシャレ!

「やっぱりコラージュするのは難しそう」と思うなら、最初から4つがセットになっているこちらのフレームがおすすめ。そのままでアシンメトリーにコラージュされているので、あとは好きな写真やカードなどを入れるだけ。誰でも簡単に壁面ディスプレイが楽しめます。VESSIGE(ヴェッスィゲ)¥1,999。

旅先で買ったポストカードや切手、お土産の包装紙をコラージュするようにしてフレームに入れて。旅行の思い出を飾るコーナーが完成。

台紙を外せるフレームなら、即席ファブリックパネルに!
お気に入りの布を入れて「即席ファブリックパネル」

台紙を外せるフレームなら、大きな絵や写真はもちろん、好きな柄のファブリックも入れられます。

使ったのはマリメッコのファブリック。
バックボードを包むように布をかぶせ、テープやタッカーで止めるだけ。あとは留め具でフレームに固定すればご覧の通り。使ったのはマリメッコのファブリック。絵や写真を選ぶ自信がないときにはファブリックが一番!

インナーフレーム付きで、奥行きを生かしたディスプレイも!
インナーフレーム付きならジュエリーの収納にも◯

厚みがあってインナーフレームが付いているのものは、奥行きを生かしたディスプレイが可能。

アクセサリー収納にリメイク!
台紙を外して、この写真のようなアクセサリー収納にリメイクすることができます。虫ピンや押しピンをバックボードに打ち付けるだけで、出来上がり。これなら「アクセのチェーンが絡まった!」なんてこともありません。お気に入りをサッと取り出せるところも便利。
欧米では壁面を飾るのは当たり前のこと。だからこそイケアではフレームの種類がとっても豊富です。誰でも簡単にインテリア上級者になれるから、部屋の模様替えにぜひ生かしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA