イケア、あの最旬デザイナーと強力タッグ!

エスクァイア によると。

今、ノリに乗っているデザイナー、ヴァージル・アブローがイケアとコラボレーション。2018年12月に一部先行発売します。

 世界的な支持を集めるホームファニッシングブランド「IKEA(イケア)」。そして、自身の名を冠した「Off-White c/o Virgil Abloh(オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー)」に加え、「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターも務める、ミレニアル世代を中心に絶大な人気を誇るデザイナーであるヴァージル・アブロー。
 
 この2つのビッグネームのコラボレートアイテムが、パリに続き日本・東京でも先行発売されることがこのたび明らかになりました。

写真は、パリで開催された「STILL LOADING」での様子。ヴァージル(左)が今回のコラボレーションについて語りました。
 2018年9月29日にパリで開かれたポップアップストア「STILL LOADING」で、2019年に発売を控える「Markerad(マケラッド)」と、「Art Event(アート イベント)」と名づけられた限定コラボコレクションの中から、4種類のラグを先行発売。
     
 前日ではある9月28日に行われたプレス発表会には、500名のメディアが大集合。ストアオープンには、2500名が並ぶなど大きな話題となりました。
 
 そしてこのポップアップが、東京でも2018年12月中旬に行われることが決定しました! 数量限定で発売となるアイテムはレア度も高いので、ぜひ並んででも手にしたいところ。今世界が最も注目しているデザイナーのひとりであるヴァージルと世界的企業イケアの異色タッグとあって、どんなアイテムがお目見えするのか、今から全貌が楽しみで堪りませんね。
 ミレニアル世代が家にどのようなものを求めているか、そして、実用的なニーズと精神的な満足感の両方を満たすことができるデザインとはどういうものか?という点に焦点を当て、開発されたという今回のコラボレーション。
 
 日本での先行発売時には、ヴァージルも来日する予定だそうなのでお楽しみに! 一般販売についても、続報に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA