「プチプラかぶり」は気になる?失敗しない選び方のコツ

All Aboutによると。

安くて使えるプチプラアイテムは大好きだけど、できればあまりかぶりたくない……というアラフォー女性は多いのではないでしょうか。今回はかぶりがちなプチプラ品の選び方のコツについてお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

プチプラで避けられない「かぶり問題」、選び方のコツは?

プチプラは好きだけど、あまりかぶりたくない時に参考にしたいポイントは
安くて使えるプチプラは大好きだけど、できればあまりかぶりたくない……というアラフォー女性は多いのではないでしょうか。

今回はかぶっても分かりにくいプチプラアイテムや、かぶりたくない場合は避けたほうがいいアイテムなど、選び方のコツについてお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. シンプルなボトムスは一番買いなジャンル

旬のシルエット&白のパンツも気兼ねなくはけるのはユニクロならではのメリット 出典:WEAR
ボトムスは基本的に無地が多く、カラーもベーシック色がメインでデザインが目立ちすぎないので、プチプラでかぶったとしても、分かりにくいアイテムです。

また、パンツやスカートなどのボトムスはシルエットが大事なので、ウエストの深さや丈感をトレンドに合わせて更新していきたいアイテム。シーズンの旬のデザインが発売されるプチプラボトムスは、トレンドもつかみやすく、大人に一番おすすめなジャンルです。

美シルエットのシンプルなスカートならかぶりも目立たず、気にならない 出典:WEAR
スカートは特に体型に合っていないとどこか浮いたように見えやすいので、体型の変化に合わせて気軽に買い換えていけるプチプラはありがたい存在ですよね。

ただ要注意なのは、柄入りや派手カラーなど存在感のある主役級のもの。キャッチーで見栄えがいいプチプラボトムスは若い世代にも人気が高いので、かぶってしまった時には、より目立ちます。

アラフォーコーデでは、主役級のボトムスはかぶりにくいプチプラ以外で探し、シンプルで万能なボトムスはプチプラで選ぶ、という使い分けもおすすめです。

2. 面積の大きいアウターは目立ちやすくかぶりやすい
アウターは、こだわりのデザインと素材でこの値段!?とびっくりするようなクオリティの高いものもありますが、他では数万円するものが数千円で手に入るということから、安さ最優先でプチプラを選ぶ人も多いアイテム。特に楽チンで暖かく、使えるカラーのアウターは年配の方とかぶる率が高くなります。

アウターは冬の間毎日のように出番があり、面積が大きくて人の記憶にも残りやすいので、かぶってしまうと目立ち、なかなかアレンジもきかないのが気になるポイント。かぶりたくないなら避けたほうが無難かもしれません。

3. ニットはコーデで差をつけるか、メンズが◎

GUニットもメンズを選び、派手めな色でかぶりを感じさせないコーデに 出典:WEAR
ニットはパンツ派、スカート派、または辛口派、フェミニン派とテイストや好みで分かれることもあまりなく、いろんな人が着られる普遍的なアイテムなので、かぶる率は高いです。

ただ、アウターのように遠目から見ても明らかにかぶりが分かる、というほど主張が強くはないので、コーデで工夫して、かぶりが目立ちにくくなるよう印象を変える方法も使えます。少しだけ前をウエストインしたり、ベルトを巻く、ベストを上から着る、などシルエットを変えたり、小物使いや重ね着で雰囲気を変えるのがおすすめです。

もしくは同じプチプラブランドでも、初めからメンズのニットで小さめサイズを選ぶとかぶりにくくなります。

4. シンプルな無地シャツは買ってOK

無地のシャツは「プチプラかぶり」が分かりにくいおすすめアイテム 出典:WEAR
白や黒、ベージュやネイビーなどの無地でシンプルなシャツは、「○○のもの」と判別しにくいので、プチプラで選んでOKなアイテムです。特にシャツは一枚でも、上になにかを合わせても着られるので、コスパの面でもおすすめです。

淡い色のシャツは汚れが目立ちやすいので、清潔感も大切なアラフォーコーデには買い換えやすいという点でも重宝します。

5. 人気ランキングを参考に判断する
オンラインサイトをよく見ると「人気アイテムランキング」や「ベストセラー」が載っていることがありますよね。このランキングに入っているということは、たくさん売れていて人気、という意味なのでかぶる率はぐんと高くなります。

かぶりたくないなら、ランク入りしているものはできるだけ避けたり、大型店舗限定アイテムやオンラインショップ限定カラーなど、レア度の高いアイテムを狙うのが手です。

逆に「かぶりは気にならないし、『人気がある=いいもの』なので、安心して買える」と思う人や「多すぎて自分では選びきれない」という人には、このランキングを参考にして選ぶという方法も。

考え方次第ですが、どちらにしてもある程度の目安になるので、一度目を通しておくのもおすすめです。

ぜひ上手にプチプラを活用してみてくださいね!

ユニクロ“ふっくらブルゾン”でスタイルアップ

with onlineによると。

今年らしさはもちろん着回し力も抜群! 週7だって余裕で着れちゃう優秀コート&着こなしテクを大発表。
今回はブルゾン編!お仕事にも使うことを考えれば、縫い目やテカリの少ないきれいめなデザインが大正解。身幅が広く、丈は短めのボックス型なら、どんなボトムを合わせてもスタイルアップに!
★着回したブルゾン¥9990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ ユー(ユニクロ)

◆1 ◆水玉スカートで可愛げプラス
甘口なティアードワンピをちょっとおしゃれに見せたいときは、きれいめなコートより軽やかなブルゾンが大活躍。ベージュと黒のベーシックカラー同士でもさびしくならないように、おちゃめな赤のポシェットをアクセントに効かせて。

ワンピース¥26000/コエル ポシェット¥1990/ジーユー 靴¥19000/ラ ピエス(ティアラ)

◆2◆ ワントーンでお仕事顔
ベージュ~茶の上品トーンなら、ボーダー+ブルゾンも脱ほっこり。色小物も有効。

トップス¥14000/ルミノア(ゲストリスト) パンツ¥19000/アンタイトル バッグ¥11500/フィオレッリ(ティースクエア プレスルーム) 靴¥13500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) イヤリング¥6000/ココシュニック オンキッチュ(ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店)

◆3◆シャツの日こそカジュアルに
フードを付けたり、タートルと重ねることで、きれいめシャツをカジュアルダウン。

ニット¥18000/アルアバイル シャツ¥7800/ミラ オーウェン(ミラ オーウェンルミネ新宿2店) デニム¥3990/アメリカンホリック(アメリカンホリック プレスルーム) バッグ¥17000/the dilettante(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 靴¥16000/ダニエラアンドジェマ イヤリング¥590/ジーユー

◆4◆ 目線が上がるマフラーを投入
大きめ衿+コンパクトな巻き物は小顔効果も抜群。

カーディガン¥34000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ¥23000/アルアバイル マフラー¥15000/BEGG&CO(アンタイトル) バッグ¥29000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 靴¥30000/ファビオ ルスコーニ(ファビオルスコーニ 六本木店) イヤリング¥7500/プラス ヴァンドーム(プラス ヴァンドーム そごう横浜店)

最新ユニクロU、買ってはいけない…まるでガンダムのようなフリース…

週刊SPA!によると。

 さて、「今回は買ってはいけないユニクロUのワーストバイ」。ユニクロUについては動画でも解説しているのでぜひ見てみてください。

 今回のユニクロU、かなりクオリティが高く、正直ハズレらしいハズレはありません。この記事で紹介するアイテムも「あえて言うなら」というくらいのもの。ここ数年でユニクロのクオリティは鬼のように高くなっており、同じアパレルとして悔しい限りです……。

 ただし、それでも「これは着こなしが上手にできないとダサくなる」「これは合わせが難しい」など少し気になるものがありましたので、5つご紹介させていただきます!
▼間違えると競艇場のおっさんになる
・ウォームパデットコート 1万2900円(+税)

 確かにボリュームダウンは昨今、ハイブランドなどを中心にトレンドが広がっています……が、ユニクロがまだ手がけるのは早い気がしてなりません。何しろこの手のボリュームダウンは着こなしが重要。何も考えずにデニムとスニーカーとスウェットパーカで合わせてしまったら「競輪場のおじさん」になっちゃうからです。

 ダッドスニーカーといい、ボリュームダウンといい、「あえて野暮ったいものを着る」トレンドが昨今いくつかありますが、着こなしのリテラシーがとても重要。まだまだそういったものは浸透していないのに、ユニクロがいち早く出しちゃうと「おしゃれ難民」が生まれそうな気がしてならない……。

 トレンド的にはとてもいいし、機能性はじめクオリティも高いけど、「このダウンを上手に着こなせる人が果たしてどのくらいいるのか?」という観点でマイナスポイント。少なくともパッと着て、サマになるものではありません。

・パデットショートパーカ 9990円(+税)

 むしろこの手のボリュームダウンならレディースのものがおすすめ。レディースのダウンはボリュームがあるけれど、着丈が短くコンパクトなのでデザインのわりにあまり野暮ったい印象にならない。こういうメリハリがメンズにもほしかった。

▼もう少し厚手ならよかったのに…
・チェッククルーネックセーター(長袖) 3990円(+税)

 全然悪くないんだけど、通販の写真で見るとなんだか厚手に感じる分、実物だとちょっと薄さが目立ってしまう。毛羽立ちもあり、ペラっと比較的薄手の素材感なので若干の安っぽさが……。

 ニットチェック柄というところがポイントです。無地で薄手ならまだしもカジュアルなチェック柄だからこそ余計に安っぽい印象が際立ってしまいます。

 今年はチェック柄が大変に多く、トレンドにも則していることは理解していますが、チェック柄を使うならもう少し高見えするように素材感にこだわりを見せてほしかった。毛羽を感じられるような薄手の素材だと、どうにも気になってしまいます。

 ただシャツやカットソーなどインナーを入れて膨らみをつけると、それなりに見えるイメージ。これを選ぶなら重ね着が必須です。
▼溢れ出る「パジャマ感」を隠しきれない
・ワイドフィットフランネルチェックシャツ(長袖) 2990円(+税)

 ほかの色はともかくネイビーカラーは完全にパジャマ。もちろんパジャマっぽくならないように着こなすこともできるけれど……ちょっとハードルが高いかも。

 ネイビーカラーでフランネルでオープンカラーといったメンズのパジャマ要素をふんだんに盛り込みすぎて、白のワイドパンツを組み合わせると完全に入院患者。インナーにタートルネックを入れるとか、アウターの中で使うとか着こなし方次第でパジャマ感は払拭できますが……一枚で合わせるのはなかなか難しい。

 ただしこのシャツ、すでに結構な頻度で私は着ていますが、ピリング(毛玉)ができにくいのが結構すごい。通常フランネルのシャツってリュックを使ったりすると簡単にピリングが発生して安っぽい着古した印象が出てしまうものですが……こちらはちっとやそっとじゃ毛玉が出ない。このあたりの機能性はさすがユニクロです。
▼固すぎてガンダムになる
・防風フリースジャケット(長袖) 7990円(+税)

 デザインもいいし、色合いもいいし、この値段で防寒性が優秀なのも嬉しい限り。ただし防風素材にありがちなのですが……素材が固すぎるんですよね。

 素材が固すぎて肩はイカリ肩に見えてしまうし、襟もやたらと大きく見えてしまう。身幅や袖も馴染みが悪く、直線的でまるで四角形のようなシルエットに。私は着た際に一瞬「ガンダムか……」と思ってしまった。もちろんモノとしては悪くないし、しばらく着用すると馴染んでくるので気にしすぎかもしれませんが……それでも今回のラインナップの中では少しだけ見劣りする。

・フリースシャツジャケット(長袖) 4990円(+税)

 同じテイストのブルゾンなら、「フリースシャツジャケット(長袖)」のほうがおすすめです。

▼ルメールデザインとは思えないユニクロ感
・ブロックテックファニーバック 1990円(+税)

 まあ使いやすくて悪くない。ブロックテック素材で水もしっかりと弾いてくれるし、コンパクトなサイズ感も手頃でいい。しかしながら……なんなんだろうこの溢れ出るユニクロ感。

 特にグリーンカラーやブラウンカラーなどは「これユニクロです!」と言わんばかりの独特の発色。簡素な作りも相まって、どうにも高級感は得られない。止水ZIPを使ったり、工夫しているのは理解できるけど……。

 この手のミニバッグは今やどこでも安いものが出ているので、無理にユニクロで買うこともないなというのが正直なところ。ルメールデザインならばもうすこしひねりのある斬新なものがほしかった……。

 以上、ユニクロU、今回の買ってはいけないワーストバイでした! ぜひご参考に!

北欧のインテリア&雑貨ライフにあこがれて、探してるんです。